忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
モバイル、スマートフォン関連情報のニュース、アプリケーション、自作スクリプトなどの備忘録
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
ふぁんとむ
性別:
男性
趣味:
電車の中でモバイル通信
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


auのスマートフォンISシリーズ登場にあわせて、ISデビュー割(参考:ネット接続サービス「IS NET」提供、期間限定「ISデビュー割」 )が登場するとのことです。
これを契約すると、プランEシンプル(誰でも割契約)」の基本料月額 780円、「IS NET」の利用料月額315円の合計、最大月額1095円を、24カ月に渡って割り引きするということです。
ということは、仮 に一括払いで通信をしなといでいると、月額無料ということ?(ユニバーサルは別か)。

となると、IS01とIS02を両方契約した上で、 PocketWifiなりWiMaxを契約するなりして無線LAN経由での通信にすると、デザリングも含めて安くあげられるような……ちょっと検討しよう w
PR
IS01、disられてるなぁw

まあ、「auのandroidスマートフォン」を期待していた人には、ガックリでしょうね。
た だ、全体のコンセプトについては、au(KDDI)側の要望でしょう。au自らニッチを狙ったといっていますし、出遅れたスマートフォンに参入する戦略と して十分に考えられるものですし。
いわゆるiPhone型を出してもiPhoneにかなわない(auがさけるリソースという意味も含めて)から、全く別 のニッチで足がかりを気づくということだと思います。

実際、テキストな私としては、この機種、ちょっと欲しいですよ。
auのいうとお りスマートフォンではなく、一般的な分類ではMIDですから、出先でテキスト入力&ネットマシーンという使い方をしたい私には、ネットブックより手軽に持ち歩けていい。
昔 のコミパルとか、そういうものの延長線上にあるかなと。

もっとも、SHARPは同じようなコンセプトでNetwalkerを出してます が……イマイチでしたよねw
その反省の上にこの機種をつくったという感じで、キーボードを強化、CPUを強化、OSも上り調子のAndroidに 変更、と。

まあ、一般受けするかといえば、全くそうは思えないのは確かですが……ニッチ狙いんだんから、いいんでない?
それ想定 層としてauがあげた、20-30代のWebで情報発信をする女性層のテックレベルは舐めてはいけないし、多少のハードルとなるアプリの部分でもブラウ ザ、メーラー、Twitter、Mixiと揃えて、そのままでも使えるようにしているのもポイントだ。
実際、私のように興味を引かれている層もい るんだし。

でも、じゃあ買うのか?といわれると……IS01ベース開発端末のほうが、そそられるのも事実w
rootが使えて、ROMを変更できるときては!
ワ ンセグとかは省略されるだろうけど、いらないし、無線LANさえあれば、PocketWifiなりWiMaxなりという手はある。
価格が高くなり そうだけど……ネットブックにかわって、常用モバイル端末(MID)として使ってみるのも悪くない気がする。
個人的にはブラウザ+FLASH、メール、テキ スト、PDF、Officeが使えれば、ほぼほぼ満足なので。あ、プロジェクタにつながれば嬉しいけど、さすがにそこまではムリだろうなー
auからスマートフォンが二機種発表になった。

IS01 →http://au-is.jp/products/is01/
SHARP 製クラムシェル型Android端末!
通話より端末としての利用がメインで、なんとなくWillcomD4というのを思い出してしまうのだけど、 AndroidはLinuxベースだからリナザウの再来と表現すれば、急にギーク好みに!(まて)
Androidが1.6なのは惜しいが、2.x へのアップデートも考えられているという。また、独自拡張でマルチタッチにも対応で、CPUもSnapdragon1Ghz。
キーボードは Netwalkerの反省を生かしたのか、パンダグラフということで期待がもてる。
QWERTYつきAndroid端末として日本初。ニッチを 狙った端末(というのはauも認めている)で、SHARPらしい目のつけどろがシャープすぎる製品だw

とはいえ、一方で、キャリアメー ル&デコメール(8月下旬以降)、Cメール、ワンセグ、LISMO(9月下旬以降)、赤外線通信など、国内携帯の一般的な機能に対応しようとしている。
こ れは、秋冬モデルで投入するというFelicaなどにも対応した「1台目需要Androidモデル」の機能の一部が先行取り込みされているということで しょう。

IS02 →http://au-is.jp/products/is02/
こちらは東芝K-01として発表済のモデル。
docomoからT-01Bとして夏モデル投入が確実視されていたけれども、まさかのauでの投入。
WM6.5.3 で静電タッチパネル、Snapdragon1Ghzと予想通りの仕様。
これは、T-01Bと価格面(ランニングコストも)や規制面(3G通信中の BTやWifiなど)などを比較検討する必要がありそうです。

今回、auのスマートフォン本格参入の当初モデルとして投入された 二機種は、汎用的に訴えるのではなく、ニッチにトンがってきた印象。
auは出遅れた分、トンがることでアーリアタプタをとりこもうとしているのでないかと感じました。あえてQWERTY搭載の機種を並べてきたのも、他社 の"iPhone型"との差別化のように思います。ここで“無難”な端末を出して話題にならないよりも、まずはニッチを確実に取り込んで使ってもらう、話 題になるということを選択したのではないかと。
それはそれでアリだと思います。というか、マニア的には、こういう路線歓迎w

さ て、実際に購入を考えるとすると……個人的にはどちらも魅力的。
ただ、自分の運用範囲が電車内が多いことを考えると、IS02に軍配があがるか な。

ちなみにSharpからはWifiのみのIS01ベースの Androidの アプリケーション開発者向け専用端末を 出すとのこと。こっちをWiMaxルータやPocket Wifiで運用するという手もあるかもしれませんね。
なかざん(@Nkzn)さん が企画されたスマートフォン勉強会@会津。
その 熱い思いと、スピーカーの方々に心引かれて、会津まで遠征してきたました。
Sumaben_choco.jpg
おみやげにもらったのが、このチョコレート。どろいどくんと、すまべんの文字が彫り込まれています。すごい。

以下、長くなるので、折りたたみ。
いや、これは驚きました。
HTC Desireがソフトバンクから登場することに。
X06HTという形式名はあるものの、Xperiaと同様、端末名を前面に押し立てる戦略に。

HTC DesireはHTC版Nexus oneとでもいうべき機体で、SnapdragonにAndroid2.1、マルチタッチ対応3.7インチ有機ELディスプレイという強力な機体です。

これが、しかも、4月から発売!
ギリギリまで伏せてきた、SBのイヤらしい(商売人として褒めてます)戦略は、Xperiaを潰しにかかってるんでしょうね。
そら、機体だけでいったら、HTC Desireのほうがいいですからね。

これで、回線がSBでさえなかったら……(汗
≪  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  ≫
忍者ブログ [PR]