忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
モバイル、スマートフォン関連情報のニュース、アプリケーション、自作スクリプトなどの備忘録
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ふぁんとむ
性別:
男性
趣味:
電車の中でモバイル通信
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水没したIS02ですが、五千円払って帰ってきました。
約二週間かかりました。

もちろん、新機体に交換です。中身はまっさら。
しかし、たまたま、水没直前にフルバっアップをとっていたため、ここから復旧することで、容易に環境を戻すことができました。
バックアップは重要ですね……。

ちなみに、OSは最新版にアップデートされていました。結構、次官ががかるので、これは嬉しかった。

ともあれ、これでようやく復活。
またWMを楽しめます。
PR
やってしまいました……。
IS02、水没です。それも便所におとすという……orz
慌てて引き上げましたが、水没判定シールはすでにピンク。
電源は入るものの、タッチパネルがききません。

あきらめてauショップへ直行。
保障サービスで五千円コースですね……。

ちなみに代替機は通常携帯になるといわれましたが、通話用途ではないので、断りましたw IS01もありますしね。

ああ、ショックだ……
IS02に装着するタイプのハードケースが出ているということで、購入してみました。

実際にこれを装着するとこんな感じです。

正面はますますiPhone似になる気がしますねw
背面は少しわかりにくいですが、カードをホールドするための出っ張りがついています。

スライドのオープンもスムーズです。
というか、正面側にカバーとうけると、スライドさせようとした指がスクリーンをさわってしまって誤動作することがなくなって、いい感じです。

しかし、側面は今ひとつ。構造上、やむをえないともおもいますが、上下の隙間が意外にあり、下地がみえてしまうために格好悪い。

そして、このケースの最大の問題点は前述したカードホルダです。
この厚みは全体をもっさりさせていますし、同時購入したケースにも、この分が影響してうまく入りません。
AdvancedW-zero3[es]のまもるくんみたいに全体を覆ってくれればいいのでしょうが、思ったより下地の露出が大きいため、今ひとつのデザイン(カラーリング)になってしまいます。相方にもダサイといわれる始末w
これ、上面が黒、下面が白という筐体と同じ色分けになっていたら印象は違ったかもしれないな。

そんなわけで、これは数回、はめてみただけで、お蔵入りになってしまいました……。
代わりに期待しているのは、pocketgamesさんが開発中のストラップをつけられる裏蓋→【予告】docomo T-01B / au IS02 向け ストラップホール付きカラバリ裏蓋を近日中に販売開始!
折角だから色は黒にしてみようかな-w
前回から引き続き。
IS02のMicroUSB端子を変換してのヘッドフォン出力をカーナビの外部入力としてAUXに繋いだらどうなるか実験してみました。

まず、購入当初についてくる変換ケーブル。
カーナビにLINE入力としては動作しますが、音質が非常に悪く、雑音もまじります。
ヘッドフォンで聞いていたときはそうでもなかったんですが……
ちょっと実用には耐えそうにもありません。

別途購入してアタプタだと、今度は接続されていることを認識しません。
内蔵スピーカから音が出てしまう。
いや、元々、AUX非対応と書いてあるからそのとおりなんですけどね。

そういうわけで、残念ながらIS02はナビの外部入力としての使用には適さないようです。
WifiとBTの同時使用ができないので、ヘッドフォンの方を有線に。
IS02は独立したヘッドフォンコネクタをもたないので、microUSBから変換してやる必要があります。
純正のものは貧弱で使いにくいので、これを買いました。

IS02に使うと、ぴったりフィット。
コネクタも「上」に向いているので、縦持ちするときもあまり邪魔になりません。
音質もそう劣化するようなこともなく、普通に使えますね。

Wifi運用している時には、これで音楽を聞くことにします。
 1  2  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]