忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
モバイル、スマートフォン関連情報のニュース、アプリケーション、自作スクリプトなどの備忘録
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ふぁんとむ
性別:
男性
趣味:
電車の中でモバイル通信
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遅ればせながら、auデザイニウムスタジオにてIS01のホットモックを触ってきました!

メガネケースとも揶揄される外観ですが、メガネケースより薄いぞ!
ジャケットをきていれば、ポケットに入れられるサイズ。ケツポケに入れるのには勇気がいるな……



IS01-02.jpg
さて、実際にキーボードをさわってみると、Netwalkerの反省?が生かされているのか、ちゃんとした押し心地。キーストロークも確保されていて、机置一本指タイプでは、全く問題なし。両手でもっての親指タイプでも問題なし。ただ、この場合、中央のキーへはギリギリでした。手の小さな人だと、とどかないということもあるかも。
IS01-03.jpg
また、机置で通常のタイプに挑戦してみまsたが、意外にいけるという感触。もちろん、ミスタイプはありましたが、慣れればかなり減らせそう。かつて、東芝Libretto20やLinux Zaurusのキーボードを叩いてきた私としては、ブラインドタッチもいけるのではないかとふんでいます。
キーボード上部にはHT-03Aでもおなじみ、トラックボールがついています。これは押し込むことで決定キーとしても反応します。HT-03Aの時も思いましたが、トラックボールは操作しやすくてよいですね。タッチパネルとはいっても、キーから指を離さなくてよいのがいいです。

画面は静電式タッチスクリーン。Android1.6ながら、独自カスタマイズによりマルチタッチ可能ということで、操作性はよし。反応もスムーズですが、ブラウザでリンクをクリックしようとすると、高精細表示が逆に災いして、タッチでの指定はしにくかったですね。そんな時はトラックボールが役立ちそうです。

Youtubeの再生もしてみましたが、なかなか快適。回線速度さえ確保できれば、モバイル環境としては十分ですね。

アプリをたちあげるまでは「もっさり感」を伝えられるIS01ですが、メインがS11HTの私には無問題w 早いww

さて、IS01で問題なるのは「片手操作」です。
私のように通勤電車内での使用を想定している場合、これはかなり大きな問題。
というわけで、実際に右手だけで保持してみました。
is01-04.jpg
トラックボールはじめ、HOMEボタン以外の特殊キーは右手でとどきます。
特にトラックボールが使えるので、文字入力以外、かなり多くのことが片手で可能でした。例えばつり革につかまりながら、ネットサーフィンなんてのも十分にできそうです。
これがわかったのは収穫でしたね。

欲をいえば、片手でホールドする補助として、本体にループみたいなのがあればいいのですが、このあたりはサードパーティに期待。なければ自作w

というわけで、俄然、買う気が盛り上がってきました!
あとは、Android2.xへの対応問題と開発機の価格との兼ね合いかなーw

PR
≪  65  64  63  62  61  60  59  58  57  56  55  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  65  64  63  62  61  60  59  58  57  56  55  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]